外壁塗装

外壁塗装のベストな時期と季節は?損しない為の全注意点

一戸建てはマンションやアパートのように大家さんに外壁塗装を丸投げすることができません。自ら専門業者を探し、外壁塗装を行います。
とは言ってもただ業者を探すだけではいけません。
依頼をするうえで重要なのは、外壁塗装のベストな時期と季節、そしていかに損をせずにできるかという点を踏まえて検討することです。

特に下記の2つのポイントは外壁塗装をするときに重要となります。

・外壁塗装のベストな時期とタイミング
・外壁塗装を行うベストな季節

結論

外壁塗装のベストな時期や季節は、新築を建てて10年が経過していること、季節は作業が最もしやすい春や秋です。
ではなぜ、外壁塗装をする時に時期とタイミングを考慮する必要があるのか、詳しく解説していきます。
外壁塗装を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装を行うベストな時期・タイミングと主な注意点

ベストな時期・タイミングは約10年

外壁塗装をする上で最適な時期やタイミングは、家を建ててから10年といわれています。
これには「使用する塗料の耐久性」が深く関わっています。

塗料には予め、効果を保つ耐用年数というのがあります。
家を建てる際、費用の関係でアクリルやウレタンといった塗料を使うことがほとんどですが、どちらも約10年で効果がなくなってしまいます。

そのため、「新築を建ててから10年が経過したら塗り替え時期」と位置付けられています。
ただこれは悪魔で目安ですので、よりベストな時期やタイミングを知るためにも下記の症状に注意する必要があります。

時期・タイミングのチェック項目

注意点①:チョーキング現象が発生していないか

外壁を指でなぞった時に白い粉が付着したら要注意です。チョーキング現象は紫外線を浴び続けたことで発生します。すでに外壁を守るための効果が失われていますので、早急に外壁塗装を行う必要があります。また、色褪せが起こる原因にもなりますので、美観を損なうこともあります。

注意点②:全体的に色褪せていないか

紫外線を年中浴びている外壁部分は、塗料が分離して徐々に変色していきます。ただ、素人目ではなかなか色褪せを発見できないため、少し離れた場所から家全体を観察する必要があります。もし、均一ではなく部分的に色あせているなら、塗り替えの時期です。

注意点③:汚れていないか

1年中外壁にさらされているので、汚れが目立つのは仕方がないことですが、実は近年使用されている塗料は汚れが付きにくくなっています。そのため、やけに汚れが目立つようになったら塗料の性能が落ちている可能性が高いです。家全体の美観を損なうこともありますので、外壁塗装をするタイミングといえます。

注意点④カビ、コケが付着していないか

カビやコケは、日当たりの悪い場所に多く発生します。特に隣と接近しているように建てられている住宅なら、カビやコケの発生率が高くなります。この症状も塗料自体の性能が落ちているサインですので、外壁塗装が必要です。

注意点⑤:鉄部分がサビていないか

住宅の鉄部がサビている場合、表面を保護している塗膜にヒビが入っている可能性が高いです。雨が降った時雨水が鉄部に触れてしまうため、サビている部分がより酷くなります。

注意点⑥:ひび割れが発生していないか

外壁が劣化すると、ひび割れが発生し、雨漏りや害虫の発生を引き起こします。また、ひび割れにもいくつか種類がありますので下記で解説していきます。

乾燥クラック

水を混ぜて作る壁材(モルタル壁など)は乾燥させる時に材料が収縮し、ひび割れが起こります。ひび割れの範囲は狭く、表面上に起こります

ヘアクラック

塗膜にできることが多く、幅は0.3ミリとごくわずかなひび割れです。車や地震などの振動を受けたことによる経年劣化が主な原因で、放置するとより症状が重くなります。

構造クラック

地盤沈下や地震といった大きな衝撃によってできるひび割れです。幅が広く長いため、塗料が剥がれてしまう恐れがあります。

築10年でまだまだ綺麗であっても、外壁を注意深く観察すると塗り替えのサインがたくさん見えてきます。
いくつか当てはまった場合は、外壁塗装のベストな時期とタイミングといえます。

また、このような症状が出ているにも関わらず何年も放置した場合、以下のような失敗へ繋がってしまう可能性が非常に高くなります。

外壁塗装の時期による失敗

外壁塗装をする時期を間違えると、思いのほか工事期間が伸びてしまったり、仕上がりがイマイチだったりなどの、思わぬトラブルに繋がります。
さらに、雨漏りや害虫の発生でよりひどい状態になり、修繕費が高額になることもあります。

外壁工事にかかる費用は数百万に及びますので、どの時期に施工をすべきなのかを知識として取り入れ、よりベストな時期に外壁塗装を行う必要があります。

失敗①:塗料が剥がれると施工費が割高に

外壁にヒビが入っていると、雨水が侵入するリスクが上がるため、塗料が剥がれやすくなります。早い段階で修繕できればいいですが、長期間放置すると塗料がどんどん剥がれてしまい、思った以上に施工費用が高くなることがあります。

失敗②:雨漏りの原因になる

雨漏りは建物にダメージを与えるだけでなく、シロアリ、害虫、カビの発生を招くので、雨漏りを防ぐために10年単位での外壁塗装が必要です。
こちらも修繕部の増加により施工費用が高くなってしまいます。

失敗③建物の耐性が落ちてしまう

長い年月外壁塗装をしないと、家自体の耐性が落ちてしまいます。最悪、建て直しを余儀なくされるかもしれません。そうなれば、外壁塗装よりも高額になってしまいます。

外壁塗装を行うベストな季節は春と秋!
各季節のメリット・デメリットや注意点

業者が推奨する外壁塗装のベストな季節は春と秋です。
理由は「塗料をしっかり乾かして効果を発揮させる」といったことが挙げられます。
春と秋は他の季節に比べて、雨が少ない・程よく乾燥しているといった条件を満たしているため、外壁塗装をする上で、最も適しているといわれています。

逆に、気温が5度を下回る・湿度が85%以上といった環境での作業は、塗料の性質上難しいとされています。

これから季節について詳しく解説していきます。

春に外壁塗装をするメリット・デメリット

春のメリット

・丁度いい気温で作業がしやすい
・雨が少なく工期が長引く心配がない
・乾燥しているので塗料がよく乾く

雨が少ないので塗料が他の季節に比べて乾きやすいです。
また空気も乾燥していますから、作業をしやすい点も見どころです。

春のデメリット

・繁忙期なので予約が取りづらい
・人手不足で工期が長引く可能性がある
・費用が高くなる

春は業者にとって一番忙しい時期です。そのため、外壁塗装にかかる費用も若干高くなることが予想されます。
業者によって値段が大きく変わってきますので、より安くしたい場合はオススメ業者をチェックしておきましょう。

夏に外壁塗装をするメリット・デメリット

夏のメリット

・塗料の乾きが早い
・日照時間が長いので作業の効率化を図れる

夏は夕立ちや雨の日が多く、さらに梅雨の時期に差し掛かると塗料が思うように乾きません。そのような理由から避けられる方がけっこういます。ただ、気温が高い、晴天に恵まれるといった好条件なら、春より塗料が乾きやすいです。

夏のデメリット

・雨により塗料が落ち、仕上がりがイマイチになる
・台風や強風の影響で、足場が崩壊する
・梅雨の時期は思うように作業ができない
・作業員の体調に左右されることがある

業者によりますが、季節の影響で養生の箇所が増えたり、雨が続いたことで工事が長引いたりなど、さまざまな難点があります。
夏にどうしても外壁塗装が必要な場合は、割増されることを想定した相談が必要です。
また、炎天下での作業なので、職人さんの体力が心配されます。
こまめに水分を与えるなどして、依頼者側も気を遣う必要があります。

秋に外壁塗装をするメリット・デメリット

秋のメリット

・気温・湿度が一定
・雨が少ないので作業効率が上がる

雨が少なく、さほど暑くないので外壁塗装にうってつけの季節です。職人さんも作業がしやすくなるので、仕事のスピードも段違いです。空気が乾燥しているので、塗料も非常に乾きやすいです。

秋のデメリット

・断続的ではないが、雨が降る回数が多い
・雨の影響で工期が伸びる可能性がある

梅雨のように断続的に雨は降らないものの、雨の日が多くなれば工期が伸びることも予想されます。前もって天気予報を調べて相談するのが望ましいです。
この季節は依頼がとても多いので予約が取りづらくなりますから、遅くても2か月前までには業者探しを始める必要があります。

冬に外壁塗装をするメリット・デメリット

冬のメリット

・雨が他の季節に比べて少ない
・乾燥しているので塗料が早く乾く

他の季節に比べて晴天に恵まれることが非常に多い季節になります。ただし、気温は地域によってガクッと下がるので、塗料が乾くスピードはイマイチです。施工をするならある程度温度を保てる方がいいので、雪が積もるほど寒い地域の場合は、冬を越してからの依頼が望ましいです。ただし、どうしても年内に工事を終わらせたい場合は、業者と入念な打ち合わせが必要です。

冬のデメリット

・気温が5度を下回ると施工ができない

絶対にできないというわけではありませんが、南の地域なら冬でも外壁塗装ができる可能性はあります。しかし、どの季節よりも時間がかかるのがネックです。

季節別の外壁塗装の注意点

季節別に外壁塗装の注意点をまとめます。

以上のように、季節によって注意すべき点が色々あるのがわかります。
しかし、どの季節でも工事自体は問題なくできるため、相談や悩みがありましたら外壁塗装業者さんに相談してみましょう!

それを踏まえて、外壁塗装のベストな季節を選びましょう。

時期、季節によくある失敗やQ&A

気温が5℃以下・湿度が85%(雨の日)じゃなければ、どの季節も外壁塗装はできます。しかし、時期や季節の選び方で思いもよらない失敗が起こることもあります。よくある具体例をいくつか紹介します。

外壁塗装の時期・季節でよくある失敗

失敗①:予約が取れなかった

春に外壁塗装を検討してる場合、予約が非常に込み合うため、優良業者だと3か月先まで予約が埋まっている可能性があります。
そのため、思い立った時に行動をしても予約が取れないことがあります。

失敗②:季節を間違えて施工不良になった

特に雨が多い梅雨の時期は、塗料も乾きにくく湿度も高いので、業者によっては施工不良を引き起こす可能性が高くなります。そのため、季節・時期・優良業者の選び方は慎重に行う必要があります。

失敗③:エアコンが使えなかった

施工中は窓が開けられない上に、エアコンが使えなくなる工程もあるので暑苦しくなります。この場合、業者によっては窓を開けることをおすすめしないので、施工をする前に確認が必要です。

また、施工をする順番を変更したり、涼しい朝に作業をいたりといった作業変更が可能になるので、夏に依頼をする時は入念な打ち合わせが欠かせません。

失敗④:思ったより工期が延びた

冬に外壁塗装をした場合、時間や夜露の影響で工期が延びることもあります。

特に11月~3月は地域によって気温がグッと下がるので、施工自体ができなくなります。いつまでに完成させてほしいという要望がある場合は、2~3ヵ月前から予約・依頼をする必要があります。

外壁塗装の時期・季節に関するQ&A

Q.どうしても梅雨の時期に施工をお願いしたいのですが、難しいでしょうか。

A.湿度に注意しながらであれば、施工は可能です。詳しくは専門業者へご相談ください。

Q.気温が高いとひび割れが起きやすいと聞いたのですが・・・

A.問題はありません。屋根を塗装する場合、昼間だと気温の上昇で足のゴムが溶けるので、気温が落ち着いた夕方に施工します。

Q.なぜ冬は外壁塗装に不向きなのですか?

A.施工することはできますが、塗料が寒さで固まる可能性があるため、思うように施工ができなくなります。ただ5℃以上なら、施工ができる業者もあります。

まとめ

外壁塗装は、家の寿命を延ばすことを目的として行います。また、美観を保つ効果も期待できます。

しかしこれらは、信用できる業者選定、適切な時期やタイミングを把握しての工事だから成り立ちます。

家を建てて10年が経ち、初めて外壁塗装をする場合や、中古一戸建てを購入したなど、外壁工事を必要とする場面になった時、自身もしっかりと情報収集をすることが求められます。
信用できる業者を探して、損をしないようにしましょう。